<福島民報 2011.6.3掲載>

 

お問合せ受付時間は、
平日・土日の
9:00〜18:00(水曜は除く)となります。
お電話でのお問合せは
水曜日は受付けておりません。
予めご了承ください。
E-mailでのお問合せは24時間受付けております。
お問合せから数営業日以内に、
ご返信させていただきます。

  アメリカ国内では、70%の普及率。

  浄水器の世界標準「逆浸透膜方式」採用。
  安全でおいしい、湧き水のような水をご家庭にお届けします。

『湧水オアシス』が採用している「逆浸透膜方式」の浄水システムは、環境先進国のアメリカで開発されたものです。
健康意識の高い人々に認められ、アメリカ国内では70%の普及率を誇っている、いわば浄水器の世界標準と言っても過言ではないでしょう。
海水を真水に変えるその技術は、NASAのスーペースシャトルなどの文化的貢献と共に、地震などによる災害地域での飲料水・生活水確保という社会的貢献にも寄与しています。
「逆浸透膜方式」の『湧水オアシス』は、これまでの浄水器では取り除けなかった不純物まで強力に除去し、安全でおいしい水をご家庭にお届けします。

2011.3.11 有史以来、5番目といわれるM9の地震で
壊滅的被害を受けた福島第一原子力発電所から
外には決して出してはならない放射性物質が
大気中や海原に流れ出てしまいました。

福島県内に住む私たちは
地震による被害に加え、放射能汚染という未知数の事態に見舞われてます。

政治家や専門家の方々から
「ただちに健康に影響が出るものではない」
「100ミリシーベルト以下は安全」
という報道がなされてますが
実際のところ絶対安全という基準は無く
放射線の被害は正直誰もわからないのが現状です。
こうなると
個々が自分や家族の身を守るしかないのではないでしょうか。

残念ながら放射性物質にる土壌汚染・川などの水の汚染・食物の汚染も
微量ながらも出てしまいました。
先祖代々受け継いできた土地と共に生きる選択をする方もいれば
避難を選ぶ方もいらっしゃいます。

もし福島県に身をおく選択をなされたならば
出来うる限りの「内部被ばく」は排除してかなければと考えてます。
内部被ばくを防ぐひとつに
口からはいる食事が重要になってきます
米を研ぐにしても、野菜を洗うにしても
安全な水で行えるのは非常に安心です。

安心安全な水が流れるのは日本では極めて当たり前のことでした。
いま
ひとつでも
当たり前の日常が戻るのは有難い事だと感じています。

一日も早く
安全で自然豊かな福島に戻れることを
私たちは願っています。

 


TOP 商品説明 商品の流れ 価格 よくあるQ&A集 設置例 お問い合わせ 会社概要

有限会社 平原
福島県白河市昭和町184−6
TEL/FAX:0248−24−0804
Mail:info@yu-hirahara.com

Copyright(c) 2011 (有)平原 All Rights Reserved.